歴史あるお城の風情を満喫したい!大阪城の見どころをチェックしよう

安土桃山時代に、「太閤」と呼ばれた豊臣秀吉が建てた大阪城は、当時の栄華を感じさせる豪華絢爛な雰囲気を今に伝えています。豊臣秀吉亡き後には大坂冬の陣、大坂夏の陣といった戦乱の舞台にもなり、江戸時代以降には火災や落雷などで損傷と修復を繰り返しました。そんな歴史ある大阪城は1983年に築城400年を迎え、世界中から観光客が訪れる有名なお城として現在も愛されています。今回は、ぜひ見ておきたい大阪城の歴史的建造物や美しい庭園、周辺のグルメスポット等についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

住所 大阪府大阪市中央区大阪城1-1
電話番号 06-6941-3044
Wi-Fi Osaka Free Wi-Fiあり
アクセス方法 JR大阪城公園駅より徒歩18分
JR・大阪メトロ森ノ宮駅より徒歩18分
京阪本線天満橋駅より徒歩18分
大阪メトロ大阪ビジネスパーク駅より徒歩18分
大阪メトロ谷町四丁目駅より徒歩19分
JR大阪城北詰駅より徒歩21分
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
定休日 12月28日から翌年1月1日
料金 一般600円、中学生以下無料(クレジットカード不可)
対応言語 英語、韓国語、中国語(繁体字・簡体字)リーフレットあり
その他施設 本丸広場にミライザ大阪城
大阪城公園に飲食店、コンビニ、お土産店などあり
設置物 AED、車椅子
駐車場 あり
トイレ 天守閣内、大手門横、西の丸庭園、桜門、大阪城公園内などにあり
公式HP https://www.osakacastle.net/

大阪城ってどんな観光地?

大阪城ってどんな観光地?

大阪は京都や神戸と並び、関西を代表する観光地として人気を集めています。そんな大阪の中でも大阪城は特に、世界中から訪れる観光客に注目されるスポットといえるでしょう。
日本三名城や日本三大名城のひとつに数えられる大阪城は、大阪市内でも屈指の観光スポットであり、年間100万人以上の観光客が訪れます。そんな大阪城の歴史は古く、400年以上前の安土桃山時代にまでさかのぼります。大阪城には現在でも当時の栄華を感じさせる豪華で勇壮な建造物がたくさんあるので、じっくりと時間をかけて見学してみたいですね。
そこで今回は、大阪城を観光するときにぜひ見ておきたいおすすめポイントや、大阪城への行き方、見学チケットの購入方法について解説していきます。

大阪城の観光情報

大阪城の観光情報

住所 大阪府大阪市中央区大阪城1-1
TEL 06-6941-3044
入館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料 一般600円、中学生以下無料(クレジットカード不可)
定休日 12月28日から翌年1月1日
HP https://www.osakacastle.net/

まずは大阪城の歴史について知っておこう

まずは大阪城の歴史について知っておこう

大阪城はもともと、大坂石山本願寺というお寺の跡地に豊臣(羽柴)秀吉が建てた大坂城に始まります。織田信長の安土城をモデルとして1583年にから1年半かけて作られた天守閣は、とても大規模で絢爛豪華なものでした。天守閣が完成したあとにもさらに城の規模は広げられ、15年の歳月をかけて総面積420万平方メートルもの難攻不落の巨城が作られることとなります。
秀吉の没後には、秀吉の息子の豊臣秀頼と、母である淀殿が大坂城に移り住みます。しかし、1615年の「大坂夏の陣」の戦乱の末に大坂城は落城となり、跡形もなく埋め立てられてしまいました。

廃城となっていた城は、江戸時代に入った1620年に、徳川2代将軍である秀忠によって再建されることとなります。各地の大名を動員しての大工事によって建てられた大坂城は、とても豪華で洗練されたものとなりました。現在の大阪城の天守や外堀のデザインの原型は、この時期にほぼでき上がっていたと考えられます。

しかし、1665年に天守閣が落雷によって焼失し、しばらくは天守が失われた城となっていました。さらに、幕末の混乱期には大坂城に火が放たれ、建造物の大半が焼失してしまいます。
明治時代には大阪城の土地は陸軍用地として使われていました。現在の天守閣が再建されたのは昭和期になってからです。1931年、市民からの寄付金が集められ天守閣が再建されると、大阪城は現在の姿へと整備されていきました。

大阪城への行き方・アクセス方法をチェック!

大阪城への行き方・アクセス方法をチェック!

大阪城には最寄り駅がいくつもあるので、都合の良い路線を利用するとよいでしょう。
大阪城は大阪城公園の中央に位置しています。大阪城のメインの建物となる天守閣へ向かうためには、大阪城公園を抜けてお堀を渡る必要があります。そのため、どの駅を利用しても大阪城までは徒歩で15分以上かかります。

【電車でのアクセス】
JR環状線を利用するのなら、大阪城公園駅で下車し、西に向かって進むと良いでしょう。また、1つ隣の森ノ宮駅からのアクセスも可能です。JR東西線の大阪城北詰駅から大阪城へ行くこともできますが、徒歩で22分程度と少し遠いので気をつけましょう。
大阪市内を走る地下鉄、大阪メトロで大阪城へ行くこともできます。大阪メトロ長堀鶴見緑地線の大阪ビジネスパーク駅は大阪城の北側、大阪メトロ谷町線・京阪本線の天満橋駅は大阪城の西側に位置する駅です。これらの駅から大阪城天守までは徒歩で18分~20分程度かかります。
大阪城の正門にあたる大手門に行きたいときには、大阪メトロ谷町線・中央線の谷町四丁目駅で下車するのが便利です。

【バスでのアクセス】
大阪シティバスを使って大阪城へ行くこともできます。大阪駅などから62系統のバスに乗り、馬場町停留所で降車するのが便利です。

大阪城にはたくさんの見どころがある!

大阪城にはたくさんの見どころがある!

大阪城には、400年以上の歴史を持つ建物や広大な庭園、自然味あふれるスポットなど、たくさんの見どころがあります。せっかく大阪城へ行くのなら、建造物の歴史や由来ついてチェックしておきたいですよね。
ここからは、天守閣をはじめとした大阪城の見どころについて紹介していきます。

 大阪城の歴史的建造物を見学しよう

大阪城には、古い歴史をもつ建物がたくさんあります。その中でも、幾多の戦乱や災害による焼失を免れてきた千貫櫓や乾櫓はぜひとも見ておきましょう。また、大阪の街のランドマーク的存在として愛される天守閣は、絶好の写真撮影スポットです。天守閣をバックに素敵な記念写真を撮影すれば、良い思い出になることでしょう。

大手門

大手門
大阪城の敷地はとても広く、メインの建物である本丸や天守閣へと続くルートがいくつもあります。大阪城の正門は西側の大手門とされていますが、北側からなら青屋門か京橋口、東側からなら玉造門を通って大阪城の本丸や天守閣へ行くこともできます。
正門とされる大手門は、江戸時代初期の1628年に建てられました。度重なる火災などで大阪城のほとんどの建物が焼失したときにも、大手門は奇跡的に類焼を免れたといいます。
大手門は、両脇に控柱があり、その上に小さな屋根が設置されている「高麗門」という形式で建てられました。門の一部は長い年月を経て腐食しましたが、特殊な技法による修復が施されています。

千貫櫓(せんがんやぐら)

千貫櫓(せんがんやぐら)
大手門を襲撃から守るために作られた千貫櫓は、大阪城の中でも最も古い建造物の1つで、国の重要文化財に指定されています。二層の隅櫓が堂々とそびえる様子はとても勇壮です。
千貫櫓という呼び名の由来は、織田信長が戦国時代に石山本願寺を攻めたときに櫓の攻略に難儀し「あの櫓を落としたら千貫文の褒美を取らせる」と宣言したことにあるといいます。
千貫櫓では、内部の公開が年に数回行われています。歴史ある櫓の内部を見学したいという方は、限定公開の時期に合わせて大阪城を訪れてみましょう。

巨石

大阪城の石垣周辺には、いくつもの珍しい巨石があります。蛸の形に似たシミがついていることから名付けられたという「蛸石」は大阪城内で最も巨大で、表面積が36畳、重さは108トンにも及びます。この巨石は一枚の壁のようになっているので、一見すると石だとは気付きにくいかもしれません。2番目に大きな「肥後石」も幅14メートル、高さ5.5メートルというかなりの大きさを誇ります。ほかに「碁盤石」「振袖石」という名前がつけられた巨石もあります。
大阪城内の巨石は全て、瀬戸内海播磨灘に浮かぶ香川県小豆島から運ばれたものだといわれています。これらの石はいずれもかなりの大きさがあり、重機などが無かった戦国時代にどのようにして運ばれてきたかなど詳しいことは分かっていません。大阪城を散策するときにはこれらの珍しい巨石にも注目してみましょう。

桜門

桜門

桜門は、大阪城の天守閣へ向かう南側の入口にあたります。周辺に桜並木が植えられたことから、いつしかこの門は桜門と呼ばれるようになったといいます。大阪城にはいくつもの門がありますが、かつてはこの門がメインゲートとして使われていました。しかし、江戸時代に桜門よりも内側に進めたのは、一万石以上の大名のみでした。
重厚な黒い鉄の扉の向こうには、絢爛豪華な大阪城天守閣を見ることができます。門の両側には「龍虎石」と呼ばれる石があります。江戸時代には、この門の右側に龍が、左側に虎が現れると伝えられていました。

豊国神社

大阪城公園内の南側にある豊国神社は、豊臣秀吉、秀頼、秀長を合祀している神社で、京都にある豊国神社の大坂別社として明治時代に建てられました。出世開運や商売繁盛のご利益があり、正月には多くの初詣客で賑わいます。
一の鳥居をくぐると、2007年に新しく作られたという秀吉の銅像が目に入ります。勇ましい雰囲気の秀吉の像は、ぜひ写真に収めておきましょう。著名な作庭家である重森三玲の石庭も見学しておきたいですね。豊国神社にお参りをしたあとには、福を授けてくれるという千成ひょうたんのお守りを手に入れるのがおすすめです。

大阪城の天守閣からの絶景を楽しもう

大阪城の天守閣からの絶景を楽しもう

天守閣は大阪城のメインの建物です。天守閣の内部は、大阪城築城の歴史を知ることができる博物館となっており、最上階である8階は広々とした展望台となっています。大阪城へ行ったら、この展望台からの景色は必ず見ておきたいですね。ここからは、大阪城天守閣の見どころについて解説していきます。

大阪城本丸跡のタイムカプセル

かつては大阪城天守閣の前に本丸御殿と呼ばれる雅な建物がありましたが、本丸は現在では跡地広場となっています。天守閣へと向かうときには、この本丸部分を通ることになります。本丸跡地の広場では、大道芸のパフォーマンスや火縄銃の演武といったイベントが行われていることもあるので要チェックです。

本丸跡には「タイムカプセルEXPO’70」と呼ばれる不思議なオブジェのようなものがあります。これは、1970年に開催された日本万国博覧会(万博)の記念に埋められたタイムカプセルです。「人類の進歩と調和」をテーマとした万博の記念として、毎日新聞社と松下電器産業株式会社は、5000年を超えて保存できる2つのカプセルをこの地の真下15メートルの位置に埋めました。カプセルの1つは毎世紀の初頭、そしてもう1つは5000年後の未来に開封されることとなっています。カプセルには20世紀の文化所産として資料やメッセージなど2098点が込められているのだといいます。
タイムカプセルが埋められている目印となるオブジェは大阪城天守閣の真正面に位置しており、絶好の撮影スポットとなっています。大阪城天守閣を見学する前には、ぜひここで記念写真を撮影しましょう。

大阪城天守閣ってどんな建物?

初代の天守閣は豊臣秀吉の時代に作られましたが、大坂夏の陣で焼失したと伝わります。天守閣は江戸時代に再建されたものの落雷で再び焼失しました。現在の天守閣は昭和時代の初めに再建された三代目のものとなり、国の登録有形文化財に登録されています。夜になると天守閣がライトアップされ、昼間とは違った美しい姿を見せてくれます。

天守閣の展望台は地上50mという高さを誇ります。展望台は8階部分にあたりますが、天守閣の中にはエレベーターが設置されているので安心して見学できますよ。天守閣の展望台から大阪の街並みを眺め、400年前の秀吉の時代に思いを馳せてみましょう。また、各階に展示されている古い書物や秀吉時代の大阪城の史料を見学すれば、大阪城のことをもっと深く知ることができます。

【大阪城天守閣】

住所 大阪府大阪市中央区大阪城1-1
入館料金 大人600円、中学生以下無料(クレジットカード不可)
営業時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

大阪城天守閣、各階の見どころ

大阪城の天守閣は5層8階建ての建物となっています。1階部分にはインフォメーションセンターやミュージアムショップなどがあります。天守閣の見学にはチケットが必要なので、まずは入り口でチケットを購入し、1階部分から見学していきましょう。
ミュージアムショップでは秀吉に関するグッズやお守りなどを購入するのがおすすめです。1階には大阪城の歴史を映像で分かりやすく知ることができるシアタールームもあるので、ぜひ立ち寄ってみましょう。
2階では、大阪城の歴史に関する興味深い展示を見ることができます。また、戦国時代の兜や陣羽織の試着コーナーもあるので、ぜひ体験してみましょう。
3階と4階には重要文化財の宝物をはじめとした貴重な展示物が多数所蔵されています。3階と4階は撮影禁止区域になりますので気をつけましょう。
5階は、初代の天守閣が焼失する原因となった大坂夏の陣について詳しく知ることができるコーナーとなっています。映像やジオラマといった展示物が豊富で、歴史にあまり詳しくないという方でも分かりやすいのが魅力です。
大阪城天守閣には6階がなく、5階の次は7階になっています。7階には豊臣秀吉に関する情報がまとめられています。
8階は360度の景色が見渡せる展望台となっています。大阪城天守閣からの絶景を眺めて、爽快な気分を味わいましょう。

自然味あふれるスポット

自然味あふれるスポット

大阪城の敷地内には、優雅な雰囲気の庭園や自然の美しさを感じさせてくれるスポットも数多く存在しています。天守閣を見学したあとには、大阪都心のオアシスともいえる緑あふれるスポットを散策し、心身をリフレッシュさせる素敵なひとときを過ごしましょう。

大阪城西の丸庭園

大阪城西の丸庭園
大阪城天守閣の西側には、西の丸庭園と呼ばれる広大な庭園が広がっています。チケットを購入し、自然豊かな庭園での時間を過ごしましょう。
このあたりには、かつては豊臣秀吉の正室である北政所の屋敷があったとされます。江戸時代にはたくさんの屋敷や倉庫などが作られたといいますが、明治維新の時期の大火を経て現在では広々とした公園に整備されています。
総面積6万4千平方メートルの芝生庭園は、賑やかな大阪にあって自然を満喫できるスポットとして人気を集めます。園内には春になると約300本の桜が咲き、夜にはライトアップも開催され、多くの花見客で賑わいます。大阪城の天守閣を望む爽やかな庭園で、ゆったりと過ごしてみてくださいね。

【西の丸庭園】

料金 大人200円、中学生以下無料

梅林

梅林
大阪城天守閣の東側には、広々とした梅林があります。大阪府内有数の梅の名所としてしられるこの梅林には、約100種類1270本もの梅が植えられています。
早いものは1月の下旬に、遅咲きのものなら3月頃に開花し、美しい風景を演出してくれます。柔らかく芳しい花の香りが楽しめるのが大阪城梅林の魅力です。早春に大阪城を訪れるのならば、ぜひ梅林に立ち寄ってみましょう。

日本庭園

日本庭園
天守閣の南西には、風流な日本庭園もありますよ。この日本庭園は1931年の大阪城天守閣再建に合わせて整備されました。
庭園の中心部には鶴が翼を広げたような形をした、とても風雅な雰囲気の池があります。池の周囲には小高い築山があり、しっとりとした庭園のたたずまいを楽しむことができます。
池の南側へと回ると、池の水面に大阪城の天守閣が映り込む絶景が広がります。このポイントでカメラのシャッターを切れば、素晴らしい1枚を撮影できますよ。

大阪城御座船(ござぶね)

大阪城御座船(ござぶね)
大阪城を観光するときには、内堀を周遊できる御座船にも乗っておきたいですね。
御座船というのは、かつて将軍や公家といった身分の高い人のみが乗ることができたという豪華船です。お堀から眺める景色は、一般的な見学コースとは違った格別なものになることでしょう。迫力のある大阪城天守閣や石垣、四季折々の風景を眺めれば、きっと素晴らしい思い出になりますよ。
御座船の乗り場は内堀北側の極楽橋付近です。大阪城の内堀を、約20分かけてぐるりと周遊します。

【大阪城御座船】

営業時間 10:00~16:50(冬季は10:00~16:30)
料金 大人1500円、シニア1000円、小中学生750円、障害者750円

大阪城周辺の観光スポット

大阪城周辺の観光スポット

大阪城がある大阪城公園は、総面積105.6ヘクタールという広大な規模を誇る都市公園です。大阪城のお堀の外側には広々とした庭園のほか、野球やサッカーのできる広場やグラウンド、野外音楽堂、大阪城ホールなどがあります。大阪城公園内には大阪市民や観光客がゆったりとくつろげるスポットや、自然の風景を楽しめるスポットがいくつもあるので、大阪城を見学したあとにはぜひ、見どころたっぷりの大阪城公園を散策してみましょう。
大阪城公園の周辺を観光したいという方は、難波宮と呼ばれる史跡公園へと足を運んでみましょう。また、大阪城公園から船に乗って大阪の街を眺めるクルーズを楽しむのもおすすめですよ。ここからは、大阪城公園とその周辺にある観光スポットについて紹介していきます。

市民の森・記念樹の森

市民の森と記念樹の森は、大阪城公園駅のほど近くに位置します。
市民の森や記念樹の森は、散策やピクニックに最適なスポットです。記念樹の森ではバーベキューを楽しむことができ、休日にはバーベキューを楽しむ家族連れや団体客で賑わいます。
市民の森は、四季折々の自然の風景を楽しめる緑豊かなスポットです。春には桜が咲き揃い、お花見を楽しむこともできますよ。

アジサイ・ウツギ園

大阪城公園の南側にあるアジサイ・ウツギ園へは初夏の時期に訪れるのがおすすめです。園内にはアジサイやベニガクアジサイ、そして美しい花を咲かせるアジサイ科のウツギなど約1400株が植えられています。綺麗な花々の共演が楽しめるのは。5月末から7月中旬にかけての時期となります。華やかなアジサイとウツギを眺めながらの散策を心ゆくまで楽しみましょう。

においの森

1982年にオープンしたにおいの森は、香りの良い木や花が多く植えられているスポットです。目の不自由な方でも公園に親しんでもらえるようにという思いから作られたこの公園では、ジンチョウゲやクチナシ、キンモクセイといった四季折々の香りを楽しむことができます。素敵な香りに包まれながら園内を歩けば、きっと心も体も癒されることでしょう。

大阪城ホール

大阪城ホールは、16000人を収容できるという西日本でも最大規模のコンサートホールで、年間を通してさまざまな公演やイベントが行われます。有名ミュージシャンや劇団の公演日には、大阪城ホール周辺に多くのファンが詰めかけ、とても賑わいます。
大阪城ホール前の広場には大きな噴水があります。噴水のへりに座ってのんびりとくつろげば、散策の疲れも吹き飛びますね。

難波宮跡(なにわのみやあと)公園

大阪城公園の南には、難波宮跡と呼ばれる広々とした公園があります。この地には約1400年前、7世紀頃に日本の首都が置かれていたと伝わります。645年の大化の改新のあと、天皇が国家を治めるために難波宮を設置しました。現在では、行事などに使われたという大極殿の跡地が整備され残されています。
公園の南東には、難波宮や大阪城に関する書物や、縄文時代や奈良時代の土器や貝塚といった資料を所蔵する展示室があり、貴重な資料を見ることができます。

【難波宮跡公園】

営業時間 なし(ただし資料展示室は10:00~17:00)
利用料金 無料

大阪水上バスアクアライナー

たくさんの美しい川が流れていることから、大阪は「水都」と呼ばれています。そんな水都大阪の中心街を流れる大川では、舟で大阪市内を観光できるアクアライナーでの周遊を楽しむことができます。
アクアライナーの乗り場は、大阪城ホールのほど近くにあります。チケットセンターで水上バスのチケットを購入し、クルーズに出発しましょう。
大阪水上バスはかなり背が低く、乗り込むと水面とほぼ同じ目線の高さで大阪の街を眺めることができます。船の背が低いのは、たくさんの橋の下を通り抜けるためです。水上バスの中から、中之島公会堂や大阪ビジネスパークといった有名なスポットや、川沿いの美しい桜並木やバラ園などを眺めましょう。アクアライナーは期間限定ではありますが日没後の運航を行っている時期もあり、夜景を眺めるクルージングを楽しむこともできます。

【大阪水上バスアクアライナー】

大阪城港の住所 大阪市中央区大阪城2番地先
乗船料金 大人1700円、小学生以下850円(春季特別期間は大人2000円、小学生以下1000円)
定休日 不定期(天候や河川の状況、祭礼などの都合により運休の場合あり)

大阪城周辺のグルメスポット

大阪城周辺のグルメスポット

「食い倒れの街」と呼ばれる大阪には、おいしい食事が楽しめるグルメスポットもたくさんあります。せっかく大阪の街を観光するのならば、とっておきのグルメも楽しみたいですよね。そこで、大阪城や大阪城公園の周辺でグルメを楽しめるスポットを紹介します。

ミライザ大阪城(MIRAIZA OSAKA-JO)

2017年、大阪城の内堀にレストランやカフェの入る「ミライザ大阪城」という複合施設がオープンしました。「大阪の未来を担う場所になってほしい」という思いから名付けられたミライザ大阪城の建物は、西洋のお城のような素敵なレンガ造りの建物です。
ミライザ大阪城の内部は、美しい教会のような装飾が施されています。1階にはおみやげを販売するショップやファストフード店、3階や屋上にはとびきりのフレンチやイタリアンを楽しめるレストランが軒を連ねているので、お気に入りのお店を見つけてみましょう。

【ミライザ大阪城(MIRAIZA OSAKA-JO)】

住所 大阪市中央区大阪城1-1 大阪城公園内
営業時間 9:00~22:00(店舗による)

ブルーバーズルーフトップテラス

ミライザ大阪城の中でもおすすめなのが、大阪城の壮大な景色を眺めながら食事を楽しめる「ブルーバーズルーフトップテラス」です。ミライザ大阪城の屋上という好立地のイタリアンレストランで、大阪城天守閣を眺めながら美味しいランチやディナーをいただきましょう。
軽食やお酒のほか、抹茶をいただけるのもブルーバーズルーフトップテラスの魅力です。秋冬にはコタツ席で鍋料理を楽しむこともでき、最高のひとときを満喫できますよ。

【ブルーバーズルーフトップテラス】

住所 大阪市中央区大阪城1-1 大阪城公園内
営業時間 11:00~17:00

ジョーテラス大阪(JO-TERRACE大阪)

ジョーテラス大阪も、2017年にオープンした大型商業施設です。大阪城公園駅のほど近くにあるこちらのお店では、カフェやレストラン、バーベキューなどが楽しめるスペースなどがあります。
おなじみのスターバックスコーヒーや、人気のパンケーキ店やクレープ店、フレンチやイタリアンのレストラン、大阪名物のたこ焼き店やお好み焼き店など多くのお店があるので、好みのグルメを満喫しましょう。

【JO-TERRACE大阪】

住所 大阪市中央区大阪城3-1 大阪城公園内
営業時間 7:00~22:00(店舗による)

麺菓装

ジョーテラス大阪内にある和食のお店「麺菓装」は、北新地の割烹料理店「香桜凛」の料理長がプロデュースしたという注目のお店です。ホッとする優しい美味しさのうどんや人気の和スイーツなどメニューが豊富なので、食事をしたい方にも、カフェとして利用したい方にもぴったりです。
さらにこちらのお店では着物などの和装の着付けをしてくれる和装体験サービスも行っています。着物や忍者衣装を身につけて記念写真を撮影すれば、またとない思い出になりますね。

【麺菓装】

住所 大阪市中央区大阪城3-1  D TERRACE-102
営業時間 10:00~19:00

お好み焼き さくら

大阪を観光するのならば、名物のお好み焼きはぜひとも食べておきたいですね。大阪城の北西に位置するお好み焼き店さくらは、地元で大人気のお好み焼き店です。
さくらのお好み焼きは、だしや卵の風味がしっかりしているのが特徴で、美味しくいただけます。カウンター席に座れば、マスターが目の前の鉄板でお好み焼きを華麗に焼く技を見て楽しめますよ。シメにはぜひ焼きそばをオーダーし、大満足のひとときを満喫しましょう。

【お好み焼き さくら】

住所 大阪市中央区内淡路町1-1-4
営業時間 11:30~15:00、17:30~23:00
定休日 日曜

まとめ

見どころたくさんの大阪城界隈をじっくりと見学しよう!
築城400年以上という長い歴史をもつ大阪城の見どころについて紹介しました。
大阪城は歴史のロマンを存分に味わえるスポットです。天守閣だけでなく、荘厳な楼門や風雅な庭園など、さまざまなスポットを見学しましょう。大阪城は敷地が広いため、見学をするときにはじっくりと時間をかけて回るのがおすすめです。
大阪城公園の周辺にはいくつもの駅があり、アクセス抜群なのが嬉しいですね。お腹が空いたときには、大阪城内や大阪城公園にグルメスポットもあるので安心です。この記事を参考にして、大阪城の観光を心ゆくまで楽しんでみてくださいね。