京都鉄道博物館を満喫しよう!攻略方法とアクセスや営業時間など一挙網羅

歴史と近代化のあゆみを現在に伝えるのが京都鉄道博物館です。ここには蒸気機関車などの貴重な蒸気機関車や鉄道の車両が展示されていたり、その車両に乗ったりなど様々な体験ができるようになっています。そんな京都鉄道博物館でできる5つのことやその攻略方法を網羅した情報をお届けします。

住所 京都市下京区歓喜町
電話番号 0570-080-462
Wi-Fi museum[SL〜TEC]というSSIDのWi-Fiあり
アクセス方法 伊丹空港からリムジンバスで京都駅(八条口)まで約1時間、1310円
関西空港からリムジンバスで京都駅(八条口)まで約1時間30分、2550円
京都駅から烏丸口バスターミナルB3乗り場で京都市バス205番もしくは208番、103番、104番、110番、86番、88番に乗車し、約10分の「梅小路公園前」で下車230円、徒歩約3分
京都駅からタクシーで約8分、約820円
営業時間 午前10時~午後5時30分(入場は午後5時まで)
定休日 毎週水曜日(水曜が祝日の場合、春休み、夏休み期間は開館。12月30日から翌年1月1日は休み)
料金 大人1200円、大学生・高校生1000円、中学生・小学生500円、3歳以上200円
対応言語 英語、中国語、韓国語の音声ガイドあり
その他施設 飲食店、売店、自販機、休憩所、キッズパーク、図書館あり
設置物 授乳室、オムツ替えスペース、車椅子トイレ、車椅子とベビーカーの貸し出しあり
駐車場 なし。ただし梅小路公園に「障がい者、高齢者、乳幼児連れのご家族、妊産婦、怪我人、その他歩行困難な方」の専用駐車場78台分あり。入庫から2時間まで平日800円、土日祝900円(以降60分/200円)
トイレ 多目的トイレが9ヶ所あり
公式HP http://www.kyotorailwaymuseum.jp/tc/

京都鉄道博物館ってどんなところ?

京都鉄道博物館ってどんなところ?

京都鉄道博物館は京都の駅を出て左、徒歩でも20分ほどの梅小路公園内にある博物館です。貴重な鉄道が展示されていたり、駅弁が食べられたり、大人にも子どもにも人気があります。

京都鉄道博物館の概要について

京都鉄道博物館は2016年4月にできた鉄道博物館です。それまでは梅小路蒸気機関館といって、蒸気機関車専門の鉄道博物館でしたが、大阪の交通科学博物館の展示物の一部と合わせ拡張し、リニューアルされたものです。展示面積は3万平米超で、日本最大の鉄道博物館と言えます。京都鉄道博物館は博物館として「学びの場」であるとともに、地域の憩いの場として地域の活性化に貢献し、鉄道文化遺産の保存と継承を目的としています。

京都鉄道博物館へのアクセス方法

京都の街へは伊丹空港、関西空港共にリムジンバスが便利です。京都駅(八条口)まで伊丹空港からなら約1時間1310円、関西空港からなら約1時間30分2550円になります。京都鉄道博物館へは京都駅の烏丸口から徒歩でも20分程度の場所です。バスももちろんあって、烏丸口バスターミナルのB3乗り場から、京都市バスの205番、208番、103番、104番、110番、86番、88番に乗ってください。運賃は230円で、約10分ほどの「梅小路公園前」で下車し、徒歩約3分ほど
で着きます。

京都鉄道博物館へのチケット購入方法

チケットは京都鉄道博物館の入り口の販売機で購入することができますが、とても混み合うようで、毎日多くの人が並んでいます。できれば前売り券を購入してください。そうすれば並ばずに博物館に入ることができます。前売り券はコンビニエンスストアのセブンイレブン内のセブンチケット(マルチコピー機)や、JR西日本の各駅にあるみどりの窓口で購入することができます。

京都鉄道博物館でできる5つのこと

京都鉄道博物館でできる5つのこと

見る

実物の車両を見る

京都鉄道博物館には現在53車両の蒸気機関車から新幹線までの貴重な車両を展示しています。それらは鉄道の歴史的に貴重な車両ばかりで、中に入ることのできるものもあります。
車両は1階のプロムナード、本館、トワイライトプラザ、扇形車庫、屋外の引き込み線に展示されています。

鉄道ジオラマを見る

本館2階では実物車両の80分の1のサイズの鉄道模型が係員によって運転されているのが見ることができます。横30メートル、奥行き10メートルの巨大ジオラマで、鉄道のシステム全体を見ることができます。タイムスケジュールは11:00、(11:30は団体専用)、12:30、13:30、14:30、(15:00は団体専用)、16:00になります。

連絡デッキから蒸気機関車を見下ろす

本館2F連絡デッキでは、眼下に屋外の扇形車庫と蒸気機関車たちを見ることができます。扇形車庫には転車台が付いていて、たまにそれが回ったりもします。

SL第2検修庫を見る

梅小路運転区内に新しくできたSL第2検修庫では、蒸気機関車の検査や修繕作業を見学することができます。

スカイテラスから見る

本館3階にあるスカイテラスからは線路が近いので、JR京都線や東海道新幹線を見ることが
できます。晴れている日には心地いい場所になります。

車両工場を見る

本館1階にある車両工場では実際にJR西日本が営業に使っている線路と繋がっている引き込み線を利用し、現役で運行している車両を臨時で展示しています。

触る

触る

今の改札と昭和初期の改札

本館の2階には現在の駅で使っている自動改札と昭和初期の有人改札を再現しているコーナーがあります。今と昔の違いや、駅の仕事について学ぶことができます。

電車の仕組みについて知る

大きさの違う歯車が力を伝える様子を比べ、動力が車輪に伝わる仕組みを学んだり、連結器の模型を使って、車両と車両をつなぐ仕組みを学べます。

ホームの安全について知る

本館1階には実際の駅のプラットホームが作られていて、安全対策を体験しながら学ぶことができます。

他にも信号やポイント切り替えや鉄橋についても学べます。

体験する

体験する

運転シミュレータ体験

運転士さんが訓練に使う運転シミュレータを使って運転士体験することができるアトラクションです。制服を着用し、カバンを持ってかなり本格的に体験できます。運転席は1〜8まであり、1〜6が在来線、7と8が新幹線のシミュレータになっています。運転席にはマスコン、ブレーキ、警笛など本物のように配置されています。運転シミュレータの体験は大変人気があるので、抽選になります。まず、本館2階にある運転シミュレータにて入館券を提示してください。すると抽選券がもらえます。本館2階の「列車に乗ろう」のコーナーで当選発表があります。当選した人には整理券が渡されるので、体験時間までに運転シミュレータに行ってください。1日に6回抽選は行われます。発券時間、当選発表時間、体験時間は下記の通りです。

発券時間 当選発表時間 当選人数 体験時間
1回目 〜10:25 10:30 48人 10:40〜
2回目 〜11:35 11:40 48人 11:50〜
3回目 〜12:55 13:00 48人 13:10〜
4回目 〜14:05 14:10 48人 14:20〜
5回目 〜15:25 15:30 48人 15:40〜
6回目 〜16:15 16:20 48人 16:30〜

SL乗車体験

SL乗車体験

屋外にあるSL乗り場では本物の蒸気機関車の「SLスチーム号」が引く客車に乗車し、往復1キロの旅を楽しめます。乗車時間は時刻表を確認してください。2月10日現在では11時ちょうどから16時ちょうどの便まで、14便あります。乗車運賃は大人300円、中学生〜3歳以上が100円になります。乗車券はSL乗り場の券売機で購入してください。販売は博物館が開館するのと同時に発売を開始します。客車は約170席あります。

模型運転体験

巨大ジオラマの中をカメラを搭載した鉄道模型を走らせる体験です。カメラからの映像を見ながら運転させることができます。ここでは「ATS」や「ATC」といった鉄道の安全を守るシステムのことを知ることができます。

軌道自転車体験

軌道自転車体験

本館の1階には保線係員が実際に線路点検に使っている軌道自転車を走行させる体験ができます。受付時間は10:00~16:30(平日の12:00~13:00は休み)になります。

食べる

お弁当

1階のプロムナードではブルートレインで使用されていた食堂車が置かれており、ここでは軽食やその隣で売られている駅弁を食べることができます。お弁当は900円から1500円です。中には持ち帰ることができるお弁当箱や、巾着袋に入ったものもあります。これなら旅の思い出の品として持ち帰ってからも楽しめそうです。お弁当はここで買って、本館3階のスカイテラスで食べてもいいですね。

レストラン 

本館2階にはレストランもあります。ここでは窓からJR京都線や東海道新幹線が走るのを見ながら食事ができます。メニューは洋食が中心で、電車にまつわるものもあります。おすすめはドクターイエローハヤシライス1100円です。

買う

旧二条駅舎にはお土産を購入できるミュージアムショップがあります。京都鉄道博物館オリジナルグッズもあるので、必見です。おすすめのものをいくつか紹介します。

鉄道大回りの旅クッキー 

駅名標(ホームにある駅名が書かれているもの)がプリントされたクッキーです。価格は864円です。

チョコスティッククッキー

機関車の義経号の形をした箱にチョコスティッククッキーが12本入っています。価格は669円です。

京都鉄道博物館クランチチョコレート

京都鉄道博物館に展示されている車両の絵が書かれた袋に入ったクランチチョコレートの詰め合わせです。価格は810円です。

京都鉄道博物館限定八つ橋

八つ橋といえば、京都のお菓子を代表するお菓子です。これはその八つ橋に電車の焼印が押されています。価格は540円です。

新幹線ボトル

新幹線型のペットボトル入りのドリンクです。ドクターイエロー、N700系、500系、W7系の4種類があります。価格は378円です。

京都鉄道博物館限定 7100形7105号機 義経号

これはタカラトミーのおもちゃのプラレールで、京都鉄道博物館限定の蒸気機関車の義経号です。プラレール好きの人には喜ばれるお土産になります。価格は2808円です。

他にも鉄道型のペンや、Tシャツ、靴下、お弁当箱など盛りだくさんです。

京都鉄道博物館攻略のコツ

京都鉄道博物館攻略のコツ

空いている時間を狙う

京都鉄道博物館はとても人気がある施設ですが、平日は比較的空いているようです。また、休日でも朝一番と夕方は空いているようです。なるべく人の少ない時にじっくり見たいという人はこの時間帯を狙ってみてください。ただしSL乗車や運転シミュレータ体験希望の場合は夕方ではなく、朝一にしてください。

京都鉄道博物館へは徒歩で行く

京都鉄道博物館へのアクセスにバスでの方法も書きましたが、バスは交通渋滞に巻き込まれやすく、時間的には徒歩で行く場合とほとんど変わりません。また、京都駅から京都鉄道博物館に行く途中にはたくさんのモニュメントがあったり、梅小路公園内を散策できたりと楽しめるのでおすすめです。

定時開催の体験コーナーをチェックする

SL乗車、運転シミュレータ、鉄道ジオラマ、軌道自動車体験は開催時間が決まっていますので、入館したらその時間をまずチェックしてください。それによって京都鉄道博物館での時間の過ごし方をスケジュールしましょう。運転シミュレータは特に人気で、抽選が必要なので、朝一番に行って抽選券をもらいましょう。そのあとはSLや、軌道自動車体験などに並んでください。

大きな荷物はなるべく持たない

京都鉄道博物館にはコインロッカーがありますが、数がそれほど多くないようです。そのため、なるべく大きな荷物は持たずに行きましょう。どうしても大きな荷物がある場合は、ホテルに預けるか、京都駅内のコインロッカーに預けてから行きましょう。

昼食は早めに取る

レストランや食堂車はかなり混み合います。そのため、早めの時間に昼食は取るようにしましょう。短時間で済ませたい人は博物館にお弁当やおにぎりなどを持ち込んで、テラスなど飲食可能なところで食べるのもおすすめです。

京都鉄道博物館を遊びつくそう!

京都鉄道博物館を遊びつくそう!

今回は京都の新たな人気観光スポットの京都鉄道博物館を紹介しました。京都鉄道博物館には貴重な蒸気機関車などの実際の車体の展示や、運転シュミレーターなどの体験型の展示がされ、大人にも子どもにも体験人気のある観光スポットです。この施設でできることを5つの視点から満喫する方法を紹介しました。攻略方法などを参考にぜひ行ってみてください。